根管治療

根管治療虫歯が歯の奥深くまで進行すると、歯髄組織(神経)まで細菌感染します。根管とは、歯の奥にある歯髄(神経や血管)が通っている細い管のようなものです。根管治療は、細菌に汚染された神経や血管を細い針状の器具で除去する治療法です。

根管内部は曲がったり枝分かれしていたり、複雑な構造となっています。大臼歯では、根管の数が4~5本あることも珍しくありません。細菌感染した根管1本1本を完璧に治療するためには、高度な技術はもちろん、患者さまに「途中で諦めずに通っていただく」ことが大切です。

ほかの歯科医院で「抜くしかない」と言われた歯が、当院の根管治療によって"助かった"ケースもあります。

根管治療の流れ
「虫歯治療のために何度も歯科医院に通うのが面倒」という言葉をよく耳にしますが、細菌感染した根管が治癒するまでには、ある程度の日数と正しい治療が必要です。途中で治療をやめてしまうと再び細菌感染を起こし、最悪の場合歯を失うことになりますので、根気よく治療を受けるようにしてください。

STEP1根管治療
根管長測定器で神経の長さを正確に測定します。器具による根の先への刺激を減らすことができるため、安全かつ痛みのない治療ができます。

次へ
STEP2根管治療
ファイルやリーマーという器具で、細菌感染した歯髄や感染歯質を取り除いていきます。根管内の歯質にも細菌があるため、その部分も完全に削り取らなければなりません。当院では根管拡大をスムーズに行うために、電動根管拡大装置を使用する場合があります。

※根管拡大
細いファイルを徐々に太いものに変えて慎重に削り取っていくことを根管拡大と言います。

次へ
STEP3
薬液を入れて根管の中を洗浄、消毒します。根管の中に薬を入れた状態で仮封して3日~1週間おきます。これを繰り返し、根管内が完全にキレイになったら専用のシーリング材を用いて充填します。

次へ
STEP4
根管を土台として被せ物を作れば治療完了です。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

24時間オンライン予約