当院の虫歯治療は、歯の寿命を延ばすための治療

虫歯治療

歯科医院へ通う理由の多くは虫歯と歯周病です。虫歯とは、歯垢に含まれる細菌が酸を作り、歯を溶かしていくことを言います。風邪や腹痛は安静にしていると回復しますが、虫歯は免疫や代謝で治癒することはありません。大切な歯を失わないためにも、冷たいものがしみる、痛みがある、という症状がある場合は早めの治療を心がけましょう。早期発見であれば負担も少なく、治療期間も短くて済みます。

当院では、虫歯の治療は「大切な歯の寿命を延ばす治療」であると考えています。義歯やインプラントなど失われた歯を補う方法はありますが、やはり自分の歯に勝るものはありません。当院は、抜く必要のない歯はできるだけ抜かないよう、安全かつ最新の技術で残すようにしています。その1つが根管治療です。

根管治療

根管治療虫歯が歯の奥深くまで進行すると、歯髄組織(神経)まで細菌感染します。根管とは、歯の奥にある歯髄(神経や血管)が通っている細い管のようなものです。根管治療は、細菌に汚染された神経や血管を細い針状の器具で除去する治療法です。

根管内部は曲がったり枝分かれしていたり、複雑な構造となっています。大臼歯では、根管の数が4~5本あることも珍しくありません。細菌感染した根管1本1本を完璧に治療するためには、高度な技術はもちろん、患者さまに「途中で諦めずに通っていただく」ことが大切です。

ほかの歯科医院で「抜くしかない」と言われた歯が、当院の根管治療によって"助かった"ケースもあります。

根管治療の流れ
「虫歯治療のために何度も歯科医院に通うのが面倒」という言葉をよく耳にしますが、細菌感染した根管が治癒するまでには、ある程度の日数と正しい治療が必要です。途中で治療をやめてしまうと再び細菌感染を起こし、最悪の場合歯を失うことになりますので、根気よく治療を受けるようにしてください。

STEP1根管治療
根管長測定器で神経の長さを正確に測定します。器具による根の先への刺激を減らすことができるため、安全かつ痛みのない治療ができます。

次へ
STEP2根管治療
ファイルやリーマーという器具で、細菌感染した歯髄や感染歯質を取り除いていきます。根管内の歯質にも細菌があるため、その部分も完全に削り取らなければなりません。当院では根管拡大をスムーズに行うために、電動根管拡大装置を使用する場合があります。

※根管拡大
細いファイルを徐々に太いものに変えて慎重に削り取っていくことを根管拡大と言います。

次へ
STEP3
薬液を入れて根管の中を洗浄、消毒します。根管の中に薬を入れた状態で仮封して3日~1週間おきます。これを繰り返し、根管内が完全にキレイになったら専用のシーリング材を用いて充填します。

次へ
STEP4
根管を土台として被せ物を作れば治療完了です。

虫歯の進行と一般的な治療法

CO(初期虫歯)Co
まだ穴があいたり黒くなったりしている状態ではありません。しかし歯が溶け始め、虫歯が始まっている状態です。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉を用いて歯磨きをしっかり行うことで、再石灰化させることが可能です。

C1(エナメル質う触)C1
虫歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かし、小さな穴ができます。象牙質に達していないので痛みはありません。虫歯の部分を削って、詰め物をして治療が完了します。

C2(象牙質う触)C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。治療の際には麻酔を用い、虫歯の部分を削って詰め物をします。

C3(神経まで達したう触)C3
虫歯がエナメル質、象牙質の下の神経まで進んだ状態です。激しい痛みを生じる場合が多く、細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

治療は麻酔をして根管(神経が通っている管)治療を行います。神経を取り除き、根の中をきれいにしてから詰め物をします。根管治療を途中でやめてしまうと症状が悪化してしまいますので、しっかりと治療を行う必要があります。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能な部分が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。症状によっては抜歯しなければならないことがあります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

24時間オンライン予約